Maternity

産前産後のケア

母体は出産(分娩)に備え、ホルモンなどの影響により靭帯や筋肉が弛緩しやすくなり、 お腹が大きくなるに従い骨盤や股関節に変化が生じ日常生活動作でも 腰に負担がかかりやすくなります。 お母さんのそういった痛みなどによる精神的ストレスが胎児、または産後の母体に様々な影響を 及ぼす事も懸念されている昨今、産前、産後のケアは母体にとって、非常に重要な位置づけと なっています。
  • ◎出産前の痛み(腰痛、股関節、お尻の痛み、坐骨神経痛、頭痛、肩こり、背部痛)
    • 胎児の成長に伴い骨盤は開き、せり出すお腹とのバランスをとるために身体の重心の位置が 後ろに移ります。 その際に股関節も開き、腰部の前後の湾曲も強くなり、骨盤と股関節に大きな負荷を与え、 腰痛、股関節やお尻の痛みにつながっていきます。
    • 頭痛、肩こり、背部痛などもこの腰の影響をうけ生じていくと考えますが、東洋医学(中医学) の考えとして、胎児の発育などで下半身に気が巡る事が出来ず、 上半身の気が滞り、頭痛、肩こり、背部痛などの症状をひきおこすとも考えられています。
    • その他、座位においての尾てい骨の痛みや、初動作での腰の痛み、寝返りの際の腰痛など 患者さんからの訴えは多岐に渡ります。
  • ◎出産後の痛み(ぎっくり腰、恥骨痛、腱鞘炎など)
  • 出産前後はリラキシンというホルモンが約1年間は分泌されるといわれ(個人差あり) 骨盤や子宮などを弛緩させる作用があり、 産後は骨盤が緩んだ状態にて育児を 行うことになります。 そのためぎっくり腰などの痛みや不安に 悩まされるお母さんが少なくありません。 また、育児や産前で抱えていた 精神的なストレスや、抱っこにより 使用頻度の高くなかった筋を使うことから 腱鞘炎にかかる割合も高いです。

  • ・体験談
      • 知人の紹介で妊娠前より冷え症と肩コリなどを鍼治療を含め、お願いしていたところ、 鍼治療後に足がポカポカとしはじめ、何週間も足が温かい状態を持続していることに驚きました。 そして、その後間もなく...  [続きをみる]
      • 太田市在住 鈴木様 妊娠後の腰痛、冷え症
      • 10代頃より腰、股関節周囲に痛みがあり様々な病院を受診しましたが良くなるどころか症状は徐々に強くなり、下肢の感覚がにぶくなり痛みで 走ることも出来なくなりました。また子宮内膜症も患い、生理痛や頭痛にも悩まされ...  [続きをみる]
      • 前橋市在住 30代女性 腰痛、股関節痛、頭痛 子宮内膜症、不妊、生理痛
      • 妊娠8ヶ月で逆子と言われ、帝王切開の予約が組まれてしまいましたが、鍼治療と1回のお灸で逆子が治りました!! 本当に良かったで...  [続きをみる]
      • 太田市在住 逆子治療
上記の症状などにお悩みの方や、不安を抱えている方、eclam では母体、胎児に負担のかから ない施術でサポートしております。 まずはご相談まで…